読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京 街ネタ トレンド 24時

人気のTVやニュース、芸能ニュース・巷で流行っているスイーツやトレンド物などミーハー視点で綴っています

スポンサーリンク



【映画・ヒメアノール】森田剛の冷酷であり、哀しい役に憑依している

森田剛 芸能人 ヒメアノール 映画ヒメアノール V6

森田剛主演 映画「ヒメノアール」感想 ※ネタばれあり

森田剛さん主演の映画「ヒメノアール」を観てきました。

ネタばれもありますので観てない方はそっと閉じて下さいませ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

剛君の陰のある、冷めた目をしたような役って結構ハマリ役だと思っているので、今回も期待はしていました。

 

でも、

その一方で連続殺人犯であり、かなり残酷な描写もあるようなので行くのも躊躇したのも事実。

 

・冷酷で残忍な連続殺人者の森田正一(森田剛)

・森田の同級生の岡田(濱田岳)

・カフェの店員のゆか(佐津川愛美)

・岡田の会社の先輩安藤(ムロツヨシ)

 

映画ヒメアノール,映画ヒメアノール感想,森田剛,殺人者役森田剛,濱田岳,ムロツヨシ
出典:映画『ヒメアノ~ル』 | 大ヒット上映中!

 

安藤はよく行くカフェの店員ゆかを好きになる。

後輩の岡田を連れて何とかゆかをお近づきになりたく岡田に無理難題を言う。

 

そして、安藤は同じくゆかをずっと見ている森田を岡田に話すとそれは岡田の同級生の森田正一だった

 

ここから岡田と森田、ゆかと岡田、安藤とゆか、森田とゆかと色々な思いが交差する。

そして、岡田とゆかは恋人同士になる。

 

映画の前半は主に岡田と安藤のコミカルなやりとりに笑いが多い。

一歩間違えれば、むしろ安藤の方がゆかちゃんに対する思いが怖いと感じるくらい、安藤のポジティブ過ぎる言動はこの映画がコメディーなのではないかと思わせる。

 

しかし、

映画が始まってずいぶんと経ってから出演者のオープニングロールが流れる。

そしてこのオープニングロールが流れた後、映画の雰囲気は一変する。

 

森田は岡田を殺そうと、ずっと金の無心をしていた同級生に殺されかけるが射止めてします。

そしてその婚約者も辱めを受けながら殺されてしまう。

 

この時岡田はゆかと情事の最中。

この二つの場面が交互に映されるが似て非なるもののはずなのにうまく交差していることに哀しさを覚えてしまう。

 

この後の森田は、住む家を確保するため、自分を笑った者など無意味に淡々と殺人を犯していく。

 

実は森田は学生時代屈辱的なイジメにあい、その首謀者だった生徒を殺していたのだ。

 

そして岡田は森田と最初は仲良しだったが、森田がイジメられるようになると彼から遠ざかって行っていたのである。

 

最終的には岡田を連れて奪った車で逃走するも、散歩中の犬を避けて塀に激突。

彼自身も大けがを負う。

 

それと同時に

今までの凶悪犯ではなく、楽しかった、岡田と一緒にゲームをして遊んだ学生時代に戻ってしまう。

 

今まで、低いトーンで感情が無いような、死んだ目で話していた森田が

ちょっと甘ったるい優しい声や表情になる。

 

この姿に岡田も戸惑いを隠せない。

 

そして、今まで何の恨みもない人も平気で殺めていたのに

何故、犬を避けたのか不思議だったのですが、

最後のエンドロールで学生時代の彼の家の庭には似た犬が飼われていたのです。

 

もしかしたら、

逃亡している最中にすでに彼は昔の無垢な時代に戻っていたのかもしれませんね。

 

 

正直、

殺人シーンは残酷なのが多くて目を逸らしてしまいました。

演じているのは森田剛くんのはずなのに「森田正一」になりきっていて、

本当に彼が怖かった。

 

半面、

彼がイジメを受けたこと。

そのイジメもかなり酷いものでそれが彼の心を歪めてしまったのは事実だろう。

 

そして、

最後に無垢な純粋な頃に精神が戻っている姿には涙が出てしまいました。

 

もちろん、

どんな事情があれ、犯罪は許されない。

しかし、森田正一にも犯罪者のかけらもない時代がちゃんとあり、

何故、どこで、このような人生になってしまったのか?という事を考えさせられる瞬間でした。

 

かなり、重くてグロイ内容ですが

その中でも笑いもあり、

 

特に、ムロツヨシさんは半端なく可笑し過ぎて一服の清涼剤になったと思います。

 

www.cinematoday.jp

 

スポンサーリンク

 


それでは!!

↓↓ ポチッと応援おねがいします♪
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村